ウォーターサーバーの軟水と硬水の違い

さらに、ウォーターサーバーの水は、 軟水、もしくは硬水といった区分の仕方をすることができます。簡単に言えば、ミネラルを多く含んでいるものが硬水であり、日本の水の場合は、ミネラル成分が少ない軟水であるという特徴があります。ちなみに、ヨーロッパのそれぞれの国の水は、ミネラル分が豊富な硬水であることが多くなっています。

硬水は、カルシウムイオンやマグネシウムイオンが多く含まれており、デトックス効果や、便秘解消効果なども期待することができます。ただし、一度にたくさん飲むと腹痛を起こす場合もあるかもしれません。日本人は、比較的硬水に慣れていない人が多いため、そのような事情についても考えてからウォーターサーバーを選択してみましょう。ウォーターサーバーの軟水の場合は、ミネラル成分が低くなっているものの、口当たりがまろやかな印象があり、日本の人達に向いていると言えるでしょう。赤ちゃんにも、軟水なら安心して与えることができます。

日本のメーカーが提供しているウォーターサーバーの水の多くは、この軟水が使われています。そのため、ウォーターサーバーは妊娠しているお母さんや、赤ちゃんも気兼ねすることなく、自分好みの水の選択をすることが可能です。