ウォーターサーバーのコスパの違い

ウォーターサーバーの種類をコストパフォーマンスという点から比較してみましょう。私達が生きている時代では、水を買って飲むという形態をとっています。古くは、水はタダで利用するものであり、水を購入する時代が来るとは想像さえしてなかったことでしょう。少し前には学校や公園の蛇口から直接水を飲んでいたこともよくありましたが、現在では環境の変化から水質も変わってきており、必ずしも安全であるとは言えません。そのため、現代人は、水に対してお金を支払うことによって、安全を確保するようになりました。

キレイな水を飲むという場合、コンビニやスーパーマーケット、ドラッグストアで、ペットボトルを購入する場合があります。実際にかかるお金としては、量をまとめて購入すれば割安になるかもしれませんが、コンビニでは、500ミリリットルの水となると大体1本100円程度ではないでしょうか。1リットルで換算すると、200円程度です。

一方、ウォーターサーバーの場合はどうでしょうか。ウォーターサーバーの場合は、 過去10年前あたりまでは1リットルあたり、 200円程度かかっていたケースが多かったようです。ペットボトルタイプの水なら、スーパーマーケットなどでもっと安いものも見付けることができたはずです。

しかし、現在、これほどまでにウォーターサーバーを利用する人口が増えた理由は、価格が手ごろになってきたからに他なりません。ウォーターサーバーを利用する人たちが増えるにつれウォーターサーバーの水が大量生産できるようになり、コストを下げることができるようになっています。